top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

ファーストリテイリング、報酬改定を発表、最大で年収40%アップ

 衣料品店のユニクロなどを展開するファーストリテイリンググループは1月11日、成長意欲と能力ある従業員一人ひとりにフェアに報い、世界水準での競争力と成長力を強化するため、3月に報酬を改定し、人材への投資を大幅に強化すると発表しました。従業員一人ひとりの成長が、企業としての成長へ、さらには世界での競争力強化につながり、その結果として、さらに従業員に報いることができる企業経営を目指していくとしています。

 具体的には、職種・階層別に求められる能力や要件を定義し、各従業員に付与している「グレード」の報酬水準を数%~約40%アップします。その一方で、フラットで機動性が高い組織運営の実態に沿うよう、従来の役職手当などは取りやめ、それぞれの報酬は、基本給と各期の業績成果によって決まる賞与などによって構成するとしています。報酬アップの一例としては、現在25万5千円である新入社員の初任給を30万円に(年収で約18%アップ)、入社1~2年目で就任する新人店長は月収29万円を39万円に(年収で約36%アップ)、その他の従業員も、年収で数%~約40%の範囲でアップする予定です。

 従業員一人ひとりの新たな報酬を決めるにあたっては、グローバル共通のグレードの基準を、仕事の実績、成果を上げ組織に貢献する能力、成長意欲などの視点から改めて明確にし、上司によるきめ細かな評価はもちろん、経営層や人事部が一人ひとりの評価にしっかり関わり、フェアなグレード評価を実現していくとしています。また、報酬制度だけではなく、従業員一人ひとりが成果の実現に向けて能力を最大に発揮できるよう、組織全体のあり方、働き方を変革していくとしています。

(グループ企業ニュース/株式会社ファーストリテイリング)



閲覧数:5回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page