top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

中小企業の賃上げ額は平均8,012円

 日本経済団体連合会(経団連)は8月10日、2023年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果(加重平均)の最終集計を公表しました。

 従業員数500人未満の17業種754社を対象に調査を実施し、集計可能な17業種367社を結果を集計したところ、賃上げ額の平均は8,012円(3.00%)となりました。昨年の5,036円(1.92%)を賃上げ額で2,976円、賃上げ率で1.08ポイント上回り、2000年以降の最高値を更新しました。

 業種別では、製造業8,659円(3.19%)、非製造業6,924円(2.65%)でした。製造業では、その他製造業10,701円(3.70%)が最も高く、鉄鋼・非鉄金属製造業9,023円(3.37%) 、機械金属製造業8,841円(3.29%)が続いています。非製造業では、土木・建設業が9,108円(3.42%)で最も高くなっています。

 規模別では、100人未満7,582円(3.01%)、100人以上300人未満7,576円(2.88%)、300人以上500人未満8,535円(3.11%)でした。


(日本経済団体連合会/新着情報)



閲覧数:1回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page