top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

令和3年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果を公表

 厚生労働省は、8月30日、令和3年度に全国の労働基準監督署が監督指導を行った結果、不払となっていた割増賃金が支払われた事案のうち、支払額が1企業で合計100万円以上である事案を取りまとめ、公表しました。公表内容のポイントは以下の通りです。


監督指導による賃金不払残業の是正結果(令和3年度)のポイント


①是正企業数 1,069企業

 うち、1,000万円以上の割増賃金を支払った企業数 115企業

②対象労働者数 6万4,968人

③支払われた割増賃金の合計額 65億781万円

④支払われた割増賃金の平均額 1企業当たり609万円、労働者1人当たり10万円


(報道発表資料/厚生労働省)



閲覧数:6回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page