top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

令和4年版「厚生労働白書」を公表

 厚生労働省は9月16日、令和4年版「厚生労働白書」を公表しました。「厚生労働白書」は、厚生労働行政の現状や今後の見通しなどについて広く国民に伝えることを目的とし、令和4年版は、平成13年(2001年)の発刊から数えて21冊目となります。

 白書は2部構成で、第1部のテーマは「社会保障を支える人材の確保」。現役世代の急減による医療・福祉分野の担い手不足の加速化と今後必要となる就業者数の見通し、これまでの取り組み成果や課題を整理することにより、医療・福祉サービスの提供の在り方、人材確保に関する今後の方向性等を提示しています。第2部「現下の政策課題への対応」では、子育て、雇用、年金、医療・介護など、厚生労働行政の各分野について、最近の施策の動きをまとめています。


(報道発表資料/厚生労働省)

(白書、年次報告書/厚生労働省)



閲覧数:5回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page