top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

企業の約5割で人手不足に、2020年2月と同水準まで上昇

更新日:2022年3月30日

 帝国データバンクは2月24日「人手不足に対する企業の動向調査(2022年1月)」の結果を発表しました。

 正社員が不足している企業は47.8%で、コロナウイルス感染症が拡大し始めた2020年2月と同水準まで上昇しました。業種別では、「情報サービス」(65.7%)、「飲食店」(65.1%)、「建設」(62.6%)で高い割合となっています。非正社員が不足している企業は28.0%で、業種別では、「飲食店」(76.6%)のほか、「娯楽サービス」(50.8%)、「飲食料品小売」(49.4%)、「旅館・ホテル」(47.6%)など、個人消費関連の業種が上位に並んでいます。

 また、2022年1月に帝国データバンクが実施した「2022年度の賃金動向に関する企業の意識調査」によると、企業の54.6%で2022年度中に正社員の賃上げを見込んでいる一方、その理由として76.6%の企業が「労働力の定着・確保」をあげており、人手不足への対応が引き続き企業の重要課題となっている状況がうかがえます。


(人手不足に対する企業の動向調査(2022年1月)/帝国データバンク)

(詳細)




閲覧数:6回0件のコメント

댓글


記事: Blog2_Post
bottom of page