top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

建設業の時間外労働の上限規制に関するパンフレットを公表

 厚生労働省は、建設業を対象とした「時間外労働の上限規制・わかりやすい解説」と題したパンフレットを公表しました。

 建設業には、2024年4月1日から時間外労働に対して月45時間、年360時間、年6回まで月80時間未満、年720時間等の上限規制が適用されますが、「災害時の復旧・復興が見込まれる」場合に限り上限を超えて労働させることができます。パンフレットには、いわゆる三六協定届の新様式とその記載例も掲載されています。

 改正労働基準法による時間外労働の上限規制(2019年4月施行、中小企業は2020年4月施行)は、建設業のほか、自動車運転業務、医師等について適用が猶予されてきましたが、2024年4月から、事業、業務のあり方等を踏まえた上限規制が適用されます。


(パンフレット)




閲覧数:3回0件のコメント

コメント


記事: Blog2_Post
bottom of page