top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

最低賃金引き上げへの対応、企業の7割が賃上げを実施

 帝国データバンクは8月9日、最低賃金の引上げを受けた企業の対応策に関するアンケートの結果を発表しました。

 2023年度の最低賃金の引上げを受けた対応策について尋ねたところ、「対応する」とした企業は83.2%と8割を超えています。具体的な対応策として「賃上げを行う」とした企業は約7割(70.6%)となっており、その内訳をみますと、「もともと最低賃金より高いが、賃上げを行う」(46.5%)とした企業が最も多く、「最低賃金より低くなるため、賃上げを行う」(25.0%)とした企業を上回りました。

 現時点で従業員を採用する時の最も低い時給について尋ねたところ、全体平均は約1,086円となり、現在の地域別最低賃金の全国加重平均額(961円)から125円高く、2023年度の引上げ後の全国加重平均額(1,004円)を82円上回っています。


(景気・業界の動向/帝国データバンク)



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page