top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

産業雇用安定助成金に「事業再構築支援コース」を創設

 厚生労働省は4月1日付で、産業雇用安定助成金に「事業再構築支援コース」を創設しました。このコースは、新型コロナウイルス感染症の影響等で事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、新たな事業への進出等の事業再構築を行うため、当該事業再構築に必要な新たな人材の円滑な受入れを支援するものです。

 助成対象となる事業主の要件として、令和5年4月1日以降に中小企業庁の実施する「事業再構築補助金」の応募書類を提出し、交付決定を受けていることが必要です。ただし、第10回公募要領の「物価高騰対策・回復再生応援枠」および「最低賃金枠」の交付決定を受けた事業主に限ります。また、事業計画に記載する「実施体制」中に人材確保に関する事項を記載した場合に限ります。

 助成対象となる労働者の要件として、①専門的な知識・技術が必要となる企画・立案等の業務に従事する者、または②部下を指揮・監督する業務に従事する係長相当職以上の者であって、①②いずれの場合においても、年間350万円以上の賃金が支払われる者であることが必要です。

 労働者1人当たりの年間助成額は、中小企業では280万円 、中小企業以外では200万円、助成対象期間は1年間で、1事業主あたり5人を上限としています。 (事業主の方のための雇用関係助成金/厚生労働省)



閲覧数:4回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page