top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

雇用関係助成金の「生産性要件」廃止等について諮問

 厚生労働省は3月20日、第57回「労働政策審議会雇用環境・均等分科会」を開催しました。

 同分科会では、雇用関係助成金の「生産性要件」について、事務的な非効率が見られたとして廃止するとともに、一部の助成金では賃金引上げに対して助成額を加算する「賃上げ要件」に切り替えること等を諮問しました。なお、「生産性要件」を廃止するのは、キャリアアップ助成金・正社員化コース等の12件、「賃上げ要件」に切り替えるのは、人材確保等支援助成金・テレワークコース等の7件となります。


(審議会・研究会等/厚生労働省)



閲覧数:7回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page