top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

10月から全国で最低賃金を改定

 厚生労働省は、各都道府県の令和4年度地域別最低賃金額および発効年月日を公表しています。

 令和4年度の地域別最低賃金は、全国加重平均961円(前年度930円)。最低賃金が1,000円を超える都道府県は、東京都(1,072円)、神奈川県(1,071円)、大阪府(1,023円)の3都府県となります。全国の最高額は、東京都の1,072円、最低額は、青森、秋田、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄、各県の853円となります。

 改定後の最低賃金は、各都道府県において、10月1日から20日にかけて順次発効されます。


(地域別最低賃金の全国一覧/厚生労働省)



閲覧数:5回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page