top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

「中小企業のデジタルシフト・DX実態調査」を公表

 東京商工会議所は7月12日、「中小企業のデジタルシフト・DX実態調査」の集計結果を公表しました。

 中小企業のデジタルシフトの状況については、約8割の企業がITを「導入」と回答しており、レベル別にみると、レベル2「紙や口頭のやり取りをITに置き換えている」30.6%(前回2021年2月調査比8.0ポイント増)、レベル3「社内業務を効率化している」43.6%(同0.6ポイント減)、レベル4「差別化や競争力強化に積極的に活用している」6.7%(同0.6ポイント増)でした。業務効率化や競争力強化に「活用」できている企業はおよそ半数で、前回調査と比べ横ばいとなっています。

 デジタルシフト・DXの課題については、「旗振り役が務まるような人材がいない」(33.8%)、「従業員がITを使いこなせない」(29.5%)といった人材面に関する課題が多く、次いでコスト面での課題(「コストが負担できない」(27.0%))、デジタルツールの選択と導入効果の評価に関する課題(「業務内容に合ったデジタルツール・サービスが見つからない」(24.5%)、「導入の効果が分からない、評価できない」(23.0%))が続いています。

 デジタルシフトを進めることによって得られた効果については、全体で最も多かったのは「業務効率化」で81.4%でした。そのほか、レベル4(「差別化や競争力強化に積極的に活用している」と回答)の企業では、「業務の見える化」や「社内コミュニケーション促進」なども上位に挙げられています。

 デジタル人材の確保状況については、「あまり確保できていない」と答えた企業が42.4%と最も多く、「全く確保できていない」と答えた企業も19.5%となり、約6割の中小企業がデジタル人材の確保に苦慮していることが明らかになったとしています。

 デジタル人材の確保の方法については、「既存社員の育成」を行っていると答えた企業が最も多く53.2%、次いで「何も実施していない」と答えた企業が35.8%でした。


(ニュースリリース/東京商工会議所)



閲覧数:3回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page