top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

2024年版「中小企業白書・小規模企業白書」を公表

 中小企業庁は5月10日、2024年版「中小企業白書」・「小規模企業白書」を公表しました。政府は、中小企業・小規模企業の動向及び政府が講じた施策に関する報告を行い、講じようとする施策を明らかにするため、閣議決定を経て国会に提出した年次報告を、「中小企業白書」・「小規模企業白書」として取りまとめています。

 同白書では、中小企業・小規模事業者の現状と直面する課題、生産性向上や事業継続に欠かせない資金と人手を確保する取組、支援機関の役割と体制強化等について、20社以上の企業事例を交えて分析しています。

 事業者が直面している課題として、売上高が新型コロナウイルス感染症による落ち込みから回復する一方で、人手不足が深刻化していることが挙げられています。今後の展望として、就業者数の増加が見込めない中で、省力化投資や単価の引上げを通じて、中小企業の生産性を向上させていくことが期待される、としています。

 成長する中小企業の行動を分析すると、企業の成長には、人への投資、設備投資、M&A、研究開発投資といった投資行動が有効であるとし、成長投資に伴う資金調達手段の検討も必要である、としています。また、小規模事業者は、中小企業と比べ厳しい経営環境にある中で、コストを把握した適正な価格の設定や、顧客ターゲットの明確化に取り組むことで、売上高の増加につながることが期待できるほか、支援機関の活用も効果的である、としています。また、新たな担い手の参入も生産性向上の効果が期待できる、としています。


ニュースリリース/経済産業省



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page