top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

令和5年賃金構造基本統計調査の結果を公表

~2023年の月額賃金31万8,300円、前年比2.1%増~


 厚生労働省は3月27日、「令和5年賃金構造基本統計調査」の結果を公表しました。この調査は、主要産業に雇用される労働者について、その賃金の実態を労働者の雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数等の別に明らかにするものです。

 一般労働者(短時間労働者以外の労働者)の月額賃金は、男女計31万8,300円(前年比2.1%増)、男性35万900円(同2.6%増)、女性26万2,600円(同1.4%増)でした。男女間賃金格差(男性=100とした場合の女性の賃金比率)は74.8で前年差0.9ポイント低下となりました。月額賃金(男女計)の前年比2.1%の増加は、平成6年(1994年)に2.6%増となって以来29年ぶりの水準です。

 短時間労働者の賃金(1時間当たり)は、男女計1,412円(同3.3%増)、男性1,657円(同2.0%増)、女性1,312円(同3.3%増)でした。


結果の概要/令和5年賃金構造基本統計調査/厚生労働省



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page