top of page
  • 執筆者の写真川西 康夫

民間企業の平均給与458万円/民間給与実態統計調査

 国税庁は9月、令和4年分「民間給与実態統計調査」の結果を公表しました。

 令和4年の民間の給与所得者数は5,967万人で前年比91万人(1.5%)の減少、給与総額は231兆2,640億円で前年比4兆9,570億円(2.2%)の増加となりました。 

 1年を通じて勤務した給与所得者について、平均給与は458万円(前年比2.7%増)となり、2年連続の増加となりました。男女別では、男性563万円(前年比2.5%増)、女性は314万円(同3.9%増)でした。雇用形態別では、正社員・正職員は523万円(同1.5%増)、非正規雇用労働者(正社員・正職員以外)は201万円(同2.8%増)でした。

 その内訳をみますと、平均給料・手当は386万円(前年比2.4%増)で、男女別では、男性472万円(前年比2.3%増)、女性270万円(同3.4%増)でした。一方、平均賞与は72万円(前年比4.2%増)で、男女別では、男性92万円(前年比3.5%増)、女性44万円(同7.6%増)でした。


(報道発表資料/国税庁)



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page